【新型コロナウイルス感染予防対策について】

日ごろより、弊社をご愛顧いただき有難うございます。
弊社では、お客様に安心してご利用いただくために、健康と安全を考慮し、感染リスクの高い旅行先の回避や感染対策が不十分な観光施設を回避するなどの可能な限りの対策を講じてまいります。
弊社は、『旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン』及び観光産業が作成する業種別ガイドラインに基づき、コロナウイルス感染予防に努めてまいります。

  • 旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第2版) 【PDF】
  • 宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版) 【PDF】
  • 貸切バスにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン(第2版) 【PDF】

◎観光バスの『密閉』防止

バス・トラックメーカーの三菱ふそうでは、今後の新型コロナウイルス対策の新生活様式の一つとして、観光バスの運行において「外気導入固定運転」を推奨しています。
「外気導入固定運転」では、約5分で室内の空気を入れ替えることができ、車内の換気を推し進め、室内の「密閉」を防止します。

【広報映像】 中央交通株式会社:日野自動車「セレガ」車内換気能力テスト動画

【旅行実施時の取り組み】

体温測定(検温)

37.5℃以上の発熱が確認された場合はご参加をお断りさせていただきます。
また、激しい咳やのどが痛い等の症状がある際は、参加をご遠慮いただくことがございます。

マスクの着用

ご参加の際はマスクをご持参のうえ、必ず着用いただきますようお願いいたします。
添乗員・受付スタッフ・ドライバーおよび現地スタッフもマスクやフェイスガードを着用します。

こまめな手洗い・手指消毒

立ち寄り先での手洗いや、こまめな手指消毒をお願いいたします。
現地施設やバス車内に消毒液を設置しておりますので、ぜひご利用ください。

換気について

屋内施設では換気の強化を励行しています。
バスは休憩場所での車内換気を義務づけており、空気を入れ替える換気機能を搭載しています。
バス走行中は安全上の観点から窓を開けないようご理解・ご協力の程お願いいたします。

集団行動時の感染予防対策

バスへの乗降時、通路での滞留が起きないよう、間隔をあけてのご移動をお願いいたします。
バス車内をはじめ集団行動中はマスクを着用し大声での会話・飲食・飲酒はお控えください。
観光バス車内でのサロン席の利用及びカラオケの利用を休止しています。
食事施設は、従来よりも座席間隔を広く確保するよう対応をお願いしています。

ツアー参加後の健康管理

ツアー参加後に万が一新型コロナウイルス陽性と診断された場合には弊社へご連絡ください。

利用する観光バスについて

国が推奨するバス会社選定ガイドラインに則り、運行バス会社を選定しています。
貸切バス乗務員には、当該バス事業者を通じて、乗務中のマスク着用の励行、休憩地等でのうがい・手洗いの励行、バス車内へのアルコール等の消毒液・消毒スプレーの設置、体調不良時の無理な運行・乗務の禁止、その他感染予防に効果的と思われる対策を要請しております。

■新しい旅のエチケット

国土交通省、観光庁協力のもと感染リスクを避けながら、安全に旅行をするための留意点がまとめられました(下記参照)。安心・安全なご旅行にする為、ご協力をお願いいたします。

sid

PAGE TOP